2024/05/18

怖いものなしの私

昨日稽古時に思ったことを、会長を含む理事メンバー7名のグループラインに投稿してみました。

①子どもたちには胴垂を正座してつけなさいと指導しているのに、大人が立ったまま胴垂をつけているのはいかがなものか。

②体育館は道場。道場の中で帽子や自転車用のヘルメットを被るのはいけないことではないか。他の剣友会では徹底して注意している。出稽古に行ったり、こちらに来てもらったりした時に、恥ずかしい思いをしたり、失礼なことになったりするので、気をつけたい。

こんな感じ。

すると、2人の先生から反応がありました。

S先生の言う通りです。
ありがとう。注意しておきます。

というものでした。

立ったまま胴垂をつけている当事者はまだ私の文章を読んでいないようです。

とりあえず正直な意見を言ってみて良かったです。

最近の私は怖いものがありません。


切り返しについて、ある指導者と意見が分かれたことも昨日書きました。
ブロとものある先生のありがたいコメントで、「剣道指導要領」を読み返す機会を与えられました。今改めて読み返しています。


明日は青少年大会の審判。
早く寝て備えます。

スポンサーサイト



2024/05/17

収納

私が気分によって取り替えながら使っている胴は4つ。

202405171614505f0.jpg


20240517161545e86.jpg


20240517161604a4f.jpg


他に
・師に「お前それは失敗だな」と言われた胴
・娘が大学で使っていた胴
・夫J(剣道二段柔道四段)が使っていた胴
・父から譲り受けた胴
があります。

それはこの棚の中に垂小手面などと一緒に収納しています。

202405171619057cd.jpg


この棚は、家を新築する時(そのころ私はまだ30代で子育てと仕事で忙しく、剣道を再開する予定もありませんでした)、私の希望で建築会社に頼んで風通しの良い階段の上に作ってもらったものです。

最初はアルバムなどを入れていましたが、剣道を再開するにあたり、剣道具、剣道着、手ぬぐい等の小物、剣道具袋の収納棚になりました。

稽古の後、濡れた小手や面は、棚の上に置いて乾かせます。

キャスターつきの防具袋2つは玄関入ってすぐの倉庫の中に収納しています。

竹刀は乾燥を防ぐために1階の玄関入ってすぐのいちばん日当たりの悪い部屋に。

階段の手前にホームエレベーターがあるので、稽古から帰ると、重たい剣道具袋はそれで3階まで上げてしまいます。
疲れていたら私も乗ります。
エレベーターからおろして、とりあえず面と小手を棚の上に広げます。
濡れた剣道着と袴を、専用のハンガーに吊るし、廊下に干します。
そして私はそのまま3階にあるお風呂に直行。

いつもこんな感じの動線です。



他の先生方がどのような形で収納されているのか、とても興味があります。



2024/05/15

審判委嘱の件

東京都剣道連盟から、7月末に日本武道館で行われる全日本少年少女武道(剣道)錬成大会の審判員の委嘱の件の葉書が来ました。
2日間ともお受けするつもりでおります。
何事も経験です。

この大会は、まだ剣道を再開して間もない四段のころに監督として出場したことがあります。15年前のことです。
1回戦は大差をつけて勝ちましたが、2回戦は私の凡ミスで負けてしまい、子どもたちの前で謝りながら号泣してしまいました。
暑い暑い夏でした。


今日は公開指導の日でした。
試合前だからか、子どもたちがいつもの倍集まりました。
試合稽古をさせて、私は審判をしました。
子どもたちが帰ったあと、大人4人(私以外は七段の男性の先生方)で回り稽古。切り返し、基本打ち、技の稽古、地稽古。
打たれることを怖がらず思い切り良く打ち込み、気持ちの良い稽古ができました。


BMIが22を切りました。標準体型です。
2月の終わりから10kg程度落とした計算です。
これ以上は減らさない方が良いので、現状維持できるようにコントロールしていきます。

稽古の時に身体が軽いのも楽ですが、審判の服も手持ちでいちばん細いのが楽に着られるようになったことも思いがけない副産物です。

研鑽を積んで、良い審判を目指します。

とりあえずは週末の青少年大会で。



2024/05/11

竹刀の話

京都大会に行く予定でウキウキしていたころ、竹刀を新調しました。

行きつけの武道具屋さんで、ご主人と楽しく会話しながら竹刀を選んでいました。

会話しながら。

ここが落とし穴でした。

三八を選ぶはずが、三九を選んでいました。

しかもそのことに全く気づかず、すっかり組み立ててもらって、家に帰ってから
「あらら、これ長いぞ」
と気づいた次第です。

三九でもいけないことはないのですが、私の身長と力では長いのです。

恥を忍んで武道具屋さんに電話を入れると・・・

「お取替えはできませんが、長さを切ることはできます。バランスがいいと感じて選んだ竹刀なら、切ると最高にバランスが良い竹刀になりますよ。」
とのこと。

ホントか?!
取り替えられないからそう言ってこちらを納得させようとしているのでは?

とりあえずこのままでは仕方がないので、切っていただくためにUターン。

これがその竹刀です。
もう何回か使っています。

20240511162536a37.jpg


意外にもバランスが良く、お気に入りの竹刀となっています。

最近の竹刀は、このシールがすぐに剥がれてしまうのですが、それは私だけでしょうか。

202405111627136fe.jpg


この竹刀も手入れに手入れを重ね、長く使いたいものです。
2024/05/08

5月8日

甲状腺の検査結果を聞きに病院へ。
橋本病ではありませんでした。
やれやれ、これで終わりだと思っていたら、今度はまた別の病気を疑われて10月に肺の検査と一緒に再検査するとのこと。しかも今度は組織を採るとのこと。いや、その病気、絶対違うと思うんだけどな。

今日は離れて暮らす息子の誕生日で、日付が変わると同時にラインでメッセージを送りました。9分後に返信がありました。
つわりがひどくて入院したこと、40時間陣痛で苦しんたこと、挙げ句は帝王切開になったこと、息子を背負って部活の引率をしたことなどなど、思い出すことばかりです。

稽古を再開しました。昨日は子どもたちの指導に徹し、今日は子どもたちと大人との稽古。
まだ時折激しく咳こんでしまいます。昨夜寝ている時も咳こんでいたらしく、夫が珍しく心配して「病院に行った方がいい」と言うのでした。
残った咳くらいで病院に行くのもどうかと考えてしまいます。

稽古は身体が思うように動かず、惨憺たるものでした。竹刀が重い!いつものように打てない!
この2ヶ月半で体重が9kg落ちたのですが、それもバランスが崩れた要因のひとつなのかもしれません。
気を取り直して明日からまた新たな気持ちで取り組みます。